読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石油王じゃないからがん治療できません

中咽頭癌ステージIVと宣告を受けたワーキングプアが顛末を記す

求む ) 石油王か大富豪、お金を捨てる先を探してるお金持ち! 当方余命不明だけどそれほど先の長くない癌患者です!

回顧録 金銭的負担考察

はぁお金が無い。

厳密に言うと治療費と生活費とを秤にかけることになっていて、どちらかしか選べない状況。

これは結構追いつめられているかもしれない。

ちょっとした医療保険に入ってるので、高額医療の限度額まで払って、入院に必要なものをそろえるくらいは入ってくるかなぁ、ってとこ。

 

でもその間の収入は断たれるわけで、現金収入が無ければ生活が成り立たないのは当たり前の話。

毎月の支出から考えると20万程度はないと生きて行く事さへ困難なのでこりゃどうしたもんかなぁとあれこれ考えた。

 

抗がん剤放射線治療を受けるとすると大体2か月前後の入院が必要になってくるらしい?

手術なら1か月くらいっぽい?

その後社会復帰、おいらの場合は半ドンソコソコ肉体労働できる程度の回復が必要だとすると、体力、免疫力がある程度戻るまでに1か月~3か月くらいはかかりそう。

とすると2か月から5か月くらいの生活費を借金で補うことになる。

後遺症や副作用の状況によってだいぶ変わってくるだろうけどね。

 

金額としては大したことないと思えなくもないけど、その後同じようにきっちり働くことができればってのが前提になるわな。

万一治療がそれほどうまくいかなくて、体力低下により社会復帰できない上にがん自体も良くならなかった場合、借金だけを背負うことになる。

しかもそのまま働けない期間が続く限り借金が増え続けるか、借入できないところまで膨れ上がった挙句家族全員路頭に迷うことになる。

 

うちは、給料取り時代景気がいい時に成り行きで買っちまった小さい家に住んでいる。

もちろん全額ローンだ!全額!

そいつの返済と数年前仕事が全くなかった時の借り入れがあって、それに合わせて毎月の生活費や仕事の経費が必要になってくる。

ローン付きの持家だから生活保護も厳しい。

ということはどんな状況でも毎月ある程度の稼ぎは必須!

治療するにしても失敗は許されないし、借金残したまま死のうもんなら子供たちにそれを背負わせることになる。

 

子供は上が今度高校生、下は小学生だから、家のローンを払いつつ死にかけのおいらを食わせろ、面倒見ろってのは酷な話。

治療なりよいよい状態なりが続けば続くほど子供らの未来を食いつぶしていくことになるのは明白。

最悪、住宅ローンの未払いが続き、競売にかけられ住まいを追われ、結局そのまま死んでいく、なんて最悪のケースまであり得る。

 

とすると考えられる方法は限られるな。

一番簡単で間違いないのは今すぐ首でも括って死ぬこと。

これは精神的ダメージを考えなければいちばんてっとりばやい。

でもさすがに自殺は勘弁だし、きっとそこまで胆据えて幕ひくことはできないんじゃないかと思う。

もう一つの手段は行けるところまで平常生活して、しんどくなったら延命治療せずに終わりを待つ。

緩和ケアやホスピス的な何かを利用できればするかもしれないけど、それは体調に問題を感じない今はピンとこない。

でもまぁ一番現実的な線だと思うね。

 

まだ調べきってないこともありそうだから完全な決定事項ではないけど、今のところ(12/3あたりに考えてたこと)はまぁそんな感じかね。

このあたりの考えを踏まえ子供らと家族会議をしたね。

そして奴らが出してくれた結論は、次世代への被害を最小限にとどめること。

これはおいらがごり押ししたわけじゃなく、何時間も相談して子供たちが自分の口から言ってくれたことだ。

 

悲しくない、切なくない、といったらウソも混じるけど、さすがおいらの子だ、誇らしさも感じる。

親は子を産み育て次世代、すなわち未来へ種を繋ぐために存在する。

人間は畜生ではないので、現代社会では完全なる義務とは言えないだろうけど、それでも生物としては世代を紡ぐことが重要であることは間違いない。

それを踏まえ、自分たちが子供のうちに親がいなくなったとしても頑張って生きて行き、また種を繋ぐための努力をしよう、という考え方。

我が子ながら立派だ。

 

それでもまた親の死を早々に味わうことになる奴らには本当に申し訳ない。

8年前母親を無くしたこいつらはそれほど涙も流さず、内に抑え込んだままわがままもそれほど言わず、贅沢もしないまま父子3人で生きてきた。

あの時は全く前触れもなくぽっくりだったからそれよりかはましなのかもしれないが。

 

しかしなぁ、まだまだ頼りないのも事実。

もうちょっとしてやれることがあるんじゃないかと思うので、死ぬ間際まで何かしら残せるよう腐らず投げ出さず命を大切に暮らしていきたいと考えてる。

 

もしこんな状況を憐れんでくれる物好きな大金持ちがいたらいくらでも恵んでくれ。

乞食だろうとたかりだろうと、もしまだ生きて行かれるのであれば喜んで施しを受けるよ。

プライドだけじゃ生きて行かれないからね。

 

 

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

 
大切な人に最期にしてあげられること

大切な人に最期にしてあげられること

 

 

 

 


スポンサードリンク