読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石油王じゃないからがん治療できません

中咽頭癌ステージIVと宣告を受けたワーキングプアが顛末を記す

2016年の終わりは新たな人生の始まりであり終わりへの序章であった

雑記

はぁ、死にたくねぇ。

 

相変わらず体調に変化もなく、かといって診療予定はまだ先なのでなにもトピックが無いわけで、となるとブログ書くネタもないということ。

のっけから書いたけど、いざ死を目の前にするとやっぱり死にたくかないなぁ。

とりあえず告知から約2か月だけど一応年は越すわけで、来年は丸一年あるから長い一年になりそう。

 

治療に関してはハイパーサーミア問い合わせて断られてふてってみたり、緩和ケアやってる病院を見繕って紹介してもらうためのソーシャルワーカーとの面談予約を放置したりして、健康な時と何ら変わらず身勝手に過ごしてる。

そんな風に余裕ぶっこいてても、いざ自覚症状が出て来たらびびってガタガタ震える日がやってくるのかねぇ。

今は全く実感ないからやっぱり誤診なんじゃないかなんて思ってるくらい。

 

実際のところ誤診の可能性はあるのだろうか。

色々覚悟決めてるとはいえ、多少なりとも日常生活に影響が出てるし、イライラしたり急に不安になったりもするわけよ。

全くはっきりしない病気だよね、この癌ってやつはさ。

 

今後どのくらい付き合うことになるのか皆目見当もつかないけど、いずれその時は来るのか、それとも結局来ないのか。

わからないけども、とりあえず今日は生きてます。

あと一時間半くらいは無事だろうから、2017年は生き延びて新年を迎えることが出来そうで何よりだ。

 

というわけでそろそろそばでも茹でようと思う。

子供らはばあちゃんちに行ってていないから、無理に家事やらなくてもいいんだけど、やっぱり年越しそばは食いたいわけですから~

なんでも食えるうちにしっかり食って、今後来るかもしれない闘病生活に備えるってのも一つの考え方ということにしておく。

 

ではまた来年あいましょう。

ほとんどだれも見てないけどね!

 

 


スポンサードリンク