読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石油王じゃないからがん治療できません

中咽頭癌ステージIVと宣告を受けたワーキングプアが顛末を記す

腰が重い

今まで通ってた医大からもっと近いところへの転院を決めてからほぼ一か月くらいかな。

ようやく予約が取れて4月に行ってみることになった。

ようやく取れたというか、正確にはようやく電話したってとこなんだけども。。。

 

診療受けてみないと分からないけど、電話で相談した通り通院や短期入院での治療やオプジーボとかキイトルーダ(は咽頭がん適用外かな?)とかまぁ何かしらできたらいいなぁ。

できても効かなきゃ意味ないけど、黙って死ぬの待つだけじゃしょうがないしねぇ。

できればちょっとでも入院してから継続して通院治療となれば入ってる生命保険が少しは出るから助かるけどw

 

最近は働く意欲も下がってきてるから楽して余生送りたいのが本当のところ。

できればそこそこ稼げるけど時間と体への負担が少ない仕事に転職したいけど、さすがにこの年じゃむつかしいね。

それに手術したら治る可能性もある、延命の可能性あると言われても障害が残ったら生きていかれない。

命があるだけじゃこの世にはいられないのが現代社会だよねぇ。

 

そういう障害が残ってしまった後じゃなく、可能性がある段階で都や区役所関連や学校関連とかでの仕事を斡旋してくれる仕組みがあれば思いきることもできるだろうけどね。

いわゆるセーフティネットってやつか。

ベーシックインカムも一瞬話題になったようなならないようなってくらいだし…

別に遊んで暮らせなくてもいいから生活保護未満の生活しかできないような状況には陥りたくないもんだ。

もしもそんな状況になったら相談しに行くかもしれないけど、そうなる前に予防線張っておける仕組みを作ってくれよ。

もっと後の世代のためにでいいからさ。

 

ちなみに腰が重いのは身体的にも慢性患い中。

俺が使ってるのはコレ?なのかな…

買ったときはコンビだったと思うんだけど?

ほかのメーカからも出てると思うけど、補助ベルトみたいになってて滑車の原理で強く絞められるコイツは重宝してる。

お試しあれ~

 


スポンサードリンク