読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石油王じゃないからがん治療できません

中咽頭癌ステージIVと宣告を受けたワーキングプアが顛末を記す

優柔不断

今日は診療日。

いよいよ決めなきゃいけない日になってしまった。

一応毎日のように子供と話し合い、治療をしてみるという方向にはなったんだけど、木になるのはやっぱり治療期間だ。

なので選択肢としてはいきなり手術か、導入化学療法で経過見つつ手術に踏み切るかあがくのやめるか、の2択。

 

いきなり手術だと今後の生活に不安が残るけど、診療の前にハローワークで仕事の目途がつくか相談する予定。

まぁどのくらいの障害が残るのかわからないからはっきりとした答えは出ないんだろうけど、良くてコレ、悪くてコレ、みたいなことくらいは見えてくるかなぁ。

どのみちいきなり手術するってことにしたなら仕事はやめて転職は確定だな。

どう考えても肉体労働は厳しい。

ブルーカラーのままだとしても運転手系の仕事になるだろう。

 

前者で仕事や生活含め今後の展望が見えてこない場合は、導入化学療法で抗がん剤のみでの治療を検討する。

これでうまくがん縮小が見られたら継続治療か小さくなって切り取り範囲、つまり障害発生を少なく抑える手術ができるかもってとこ。

こっちだとまずは1~2か月の入院+通院治療+療養ってとこなので、夏の繁忙期の3か月間くらいは働ける可能性がある。

5,6月で体調復活まで行けば7~9,10月くらいは働いて、その後手術できればいいかも。

でも多分、医者はそんなに開けられないっていうだろうね。

事前の説明では4週間、つまり1か月ってことだったけど、そりゃ無理な話だわ。

 

まぁでも転職前提で一度目の入退院後すぐに仕事いけて、その後する休んでいいならいいけどね。

そんなの許す民間の会社ないだろう。

そういうとこを官民で作った職場で社会復帰目指す仕組みがあったらいいと思うんだけどね。

障碍者向けの作業所とかはホント小遣い程度かも怪しいくらいでやりがい商法とかわらんし。

そういうとこの送迎や管理者の口があれば悪くないかもしれん。

 

結局こうやって繰り返し考えてるだけで前に進めて内の振り返ると、俺はこんなに優柔不断だったのかと情けなくて泣けてくる。

なんだかんだ言っても治る治るって言われたら治療してみようかなぁって思うもんだわ。

まぁ根治できるって根拠は示されてないから信用してるわけじゃない。

そして根治だろうが半端に良くなろうが、悪化しようが、治療で失った体力や機能があるとしたら以前と同じ生活は難しいってこと。

そのあたりまでケアできる、しようとする病院があったなら信頼に値するのかもしれないなぁ。

 

医者は病気を治すことが仕事だしそれ以上立ち入ることは必要ないだろう。

治療後の生活に不安があっても、大概は高齢者だったり給料取りだったりして公的保証がそれなりにある。

俺みたいな零細自営業な個人事業主はきついわな。

そのために生命保険等に入っておく必要もあるんだろうけど、どんなのが自分に最適なのか、予算は、保障内容は、申請方法は、下りるタイミングは、等々までしっかり考えるアタマがあったなら零細個人事業主になんてなってないわけ。

 

かといってないものねだりしても仕方なし。

出たとこ勝負ということで、直感信じて行ってきますわー

 

マンガ 自営業の老後

マンガ 自営業の老後

 

 

当日夜に追記

結局治療するということで合意。

やはり拡大手術をいきなり受けて、その後カタワ人生となって生活していかれる根拠も自信も得られなかった。

なので導入化学療法ってところで落ち着いた。

まずは抗がん剤三種混合みたいなのでがんの縮小をめざし、効果が表れれば最低限の切除手術をすると。

そうすると後遺症は最低限で済むし、治療期間もそれほど長くない(けど短いわけでもないな…

 

効果が無かったら…さらに化学放射線治療か拡大手術の二択になるのかもだけど、それ以上はやる気ないわ。

あとは与えられた余生を子どもと楽しく過ごしてお仕舞にするつもり。

というわけで、治療が始まったらブログタイトルかえることにしよう。

あかるくたのしくなかよく家族計画

というわけで、治療方針の提示を受けて改めて家族会議。

どの治療を選択したとしても、働けない=無収入期間があることは避けられない。

すなわちその間は借金で補うわけで、治療が終わったらその借金を働いて返す必要がある。

 

誰が?

 

まぁ俺が払うのか。

となると予後が完全に健常でないと詰む。

もしくはカタワになった場合でも働ける仕事の目途をつけとく必要がある。

 

化学放射線治療は治る見込みが無いわけじゃないけど期間が長すぎるから厳しい。

自分に当てはまるかどうかわからないが、先人たちの闘病ブログやがん解説サイト等を見る限り長期に及ぶ可能性が高そう。

医者はそんなに具体的な数字を言ってなかったけど、良くて1年くらい?再発なくても治療によるダメージが大きければ2年程度まで伸びる可能性ありか。

 

手術は入院期間はそれほどじゃなくても間違いなく後遺症というか機能障害が残る。

すなわち今と同じようなサービス業かつ肉体労働が続けられる可能性は低い。

でも根治の可能性が一番高いのはコレだろうか。

 

導入化学療法はそれで根治するわけじゃなくあくまで先送りの手段。

それによって延命しつつ、がんの縮小ができたら手術を受け、その影響を抑えることができるかもしれない。

抗がん剤は三種同時投与で副作用はかなりきついらしいけど、もしこれで縮小したら最小限の切り取り手術で済むかもしれないらしい。

 

子供らとしては相変わらずさっぱりしてるというか他人事。

長期治療で借金かさんだうえに返す見込みが無いと生活破綻する。

なので長男はせっかく入ったそれなりの理系高校から大学進学して好きな化学を勉強していきたいとの目標を曲げてもらって破綻前に働きに出てもらうことになる。

 → 即答で拒否。この回答には正直嬉しさを感じるね。

 

では破綻して家を手放し自己破産+生活保護とかどうよ?

 → 満場一致で却下。まぁそりゃそうだ。

 

ということは結局現状維持で、一年前後くらいが目途みたいだけどどうなのよ?って話になるんだけど、結局は自分で決めてくれ好きにしてくれって結論。

まぁまだまだガキだからそんな切羽詰まった内容を並べ立てられても困るんだろうけどさぁ。

俺も生身の人間なわけで、平気そうに振る舞って見えても悩んでるわけですわ。

 

俺はなんのために生きてるのかと聞かれれば、子供を一人前に育て上げるために生きていると即答できる。

ということはやはり子供らの未来へ負担を背負わせたくはない。

終結論は来週の診療日までに決めることになってる。

それまでになにかできることがあるかといえば就職活動くらいかね。

 

でも正直言ってもう働きたくないしあれこれ考えたくもない。

常人なら鬱だなんだって医者にかかるレベルだろ。

俺は普段から鬱は甘えって言ってるから絶対に鬱にはならないと決めてる。

精神は確実に疲労しているし病んでるのかもしれないけど、それでも鬱病判定なんて誰にもさせない。

精神論であれこれ考えるから精神を病み、それを誰かに受け入れてもらいたい、病気だから仕方ないって判定してもらいたいから鬱病になるんだよという自己理論な。

 

だからがんになった、これから頑張って治すぞーとかがんに負けない!とかは考えない。

西洋医学を利用するなら技術や統計、医者の質や経験、病院の設備等々の裏付けをもとに治してもらうわけ。

最後は精神力、患者本人の力だなんて言葉はいらねぇんだよ。

こうすれば○○%治る、とか、もう治らない、とか、こういう障害が確実に残り運が悪けりゃこうこうこういうこともある、みたいに言ってくれないとね。

あいまいなことが多すぎたら決めきれないよ。

 

話がだいぶ脱線してるけど、思いつきながら書いてるから仕方ないな。

結局医者が提示してくるのは、がんを治すことに対しての手段を提示しているだけなんだな。

今知りたいこと、それは治療をして生き伸びた後どうやって生きていくのかに対する情報が必要。

もちろん生き方を教えてほしいわけじゃないよ。

期間はこれくらい、副作用は最悪でこのくらい、術後はこういう体になる、化学療法や放射線療法なら治療後はこうなる、とかね。

それらすべての材料をもって今後の人生をどう立ち回っていくかの目途をつけないとなにも踏み切れないよ。

失敗したら一家丸ごとおじゃんだからな。

 

イムリミットの来週診療日にはそのあたりをもっかい話して、それからその場で決めることにしよう。

夏の繁忙期が終わるまでに決めて秋から治療じゃダメだっていうからね。

でも治療するとしたってGW明けからなんだから、急がなきゃいけないのかのんびりでいいのかわからんわ。

がんは進み自分は足踏み

昨日(4/20)は診療日だった。

あとCTとかの検査ちょっと。

 

転院したのは前の病院と治療方針の物別れが原因じゃなくてあくまで立地の問題だったけど、やっぱりどこかで治療できることを期待してたのかもしれないなぁ。

担当医の判断だと抗がん剤放射線治療をすることで 5年生存率 60%くらいは期待できるみたい。

これはおいらのがんがp16陽性ってタイプだからってことらしい。

p16陽性だと放射線に対する感受性が高い、すなわち効果が出やすいって説明と、そのため十分根治が期待できるので諦めるのはもったいないとのこと。

 

そりゃ俺だって死にたくてこんな風な経過たどってるわけじゃないし、可能なら生きていきたいとは思ってる。

何も考えずに治療受けられるなら放置なんてしてなかった。

最初に診断受けてから間もなく半年だけど結局治療に踏み切るのであれば最初にやっておけばよかったのでは?との思いも頭をよぎる。

決断力がなかったのか、それともここにきて覚悟が鈍ったか、悩む余地があることはいいことかもしれないけど自分の判断が間違っていたかもとの思いは精神的に良くない気持にもなるなぁ。

 

で、提示された治療方針というのかとっかかりとしては三つ。

・一つは全部どっさりさっぱり手術で入院 2か月前後

 → 嚥下障害は確定、喋りは平気っぽい説明だけどのどに違和感あればむつかしいんじゃねぇ?

・一つは効果を見ながら放射線抗がん剤の併用で治療期間 7週間 + 回復入院 3週間前後

 → のどや口内に放射線後遺症や照射部分の脱毛、抗がん剤含めた副作用で体力低下あり。治療終了後通常生活に戻るまでに数週間要す

・一つは抗がん剤をたっぷり使って 3週間前後を2、3クール

 → 根治前提じゃないわりに副作用はたっぷり?1クール後に4週間程度あけるからそこで体力回復と金稼ぎをすることが可能。本当に可能か?

 

とまぁこんな説明と提案を受けたんだけど、どう考えてもまともな生活はできそうにない。

ここにきてまた考えなきゃいけなくて悩むなんて思ってなかったので結構つらいな。

何もしなけりゃ早くて数か月の命だけどそこで終了だから楽と言えば楽。

何かすることによって生き延びたとしたら、そこからも生きていくために働いてなんとか生活していかないといけない。

じゃあ治療後働けない状態になって生活が行き詰ったらどうすんだ自分?

ここが一番のネックで悩みを抱えるというところからいまだに解決の道がない。

 

生きるって難しいわ。

 

 


スポンサードリンク